訴追委員会

訴追請求の仕方

(1) 訴追請求状の記載例

訴追請求状

(2) 訴追請求状の記載要領

 用紙はできるだけA4サイズを用いて、左余白を3cmほどあけて、下記の要領により作成してください。
 @〜Eは、「(1)訴追請求状の記載例」で示している番号と符合しています。

  • @ 表題は、「訴追請求状」と明記してください。
  • A 作成した年月日を記入してください。
  • B 訴追請求人御本人の住所・氏名・ふりがな等は、正確に記入してください。議決結果などの通知先となります。
  • C 本文中に罷免の訴追を求めるという意思を明確にしてください。
  • D 訴追請求の事由が発生した時点の所属裁判所(支部)名及びその裁判官氏名を明記してください。
  • E 訴追請求の事由は、具体的に、いつ、どこで、裁判官が何をどのようにしたのかを、わかりやすく簡潔に記載してください。
     また、複数の裁判官に対して訴追請求する場合は、裁判官ごとに訴追請求事由を特定して、具体的にわかりやすく記載してください。
     裁判官が担当した事件については、裁判所名、事件番号、原告・被告や弁護士の氏名等を記載してください。

 記載内容が判然としないもの、判読できないものは、訴追請求状として受理できないことがあります。
 また、過去において審議した事案と同一のものは、重ねて審議しない取扱いとなっております。
 なお、提出した書類はお返しすることができませんので、添付する資料がある場合は、原本ではなく、そのコピーを送付してください。
 (例)判決書などのコピー

(3) 訴追期間について

 弾劾による罷免の事由が発生した時点(例えば判決の日)から3年を経過したときは、罷免の訴追をすることができなくなります弾劾法12条)。この3年は、訴追請求状を訴追委員会に提出する期限ではなく、提出後に訴追委員会が訴追審査事案を審議議決し、弾劾裁判所に訴追状を提出するまでの期間が含まれます(「(9)裁判官弾劾手続の流れ」参照)。

(4) 訴追請求状の提出方法等

 訴追請求状は、下記の「裁判官訴追委員会」宛てに郵送してください。提出に当たり手数料は不要です。

〒100-8982

東京都千代田区永田町2丁目1番2号

衆議院第二議員会館内

裁判官訴追委員会


 なお、訴追請求状の受領について、通知を希望される方は、訴追請求状を提出する際に82円切手を貼付した返信用封筒を同封してください。
 また、記載内容について不明な点などがある場合は、文書にて問合せをさせていただくことがあります。